屋久島六角堂便り~手紙

自然と人が織りなす屋久島の多様性を屋久島六角堂から折々にお伝えします

屋久島の人と暮らし

島の行事や暮らしにかかわる話題

屋久島あいすくるりん 第26回 永久保 雪苔屋 めでたさも中くらいなりおらが梅雨

拝啓 屋久島を含む九州南部は5月11日に梅雨入り。 平年より19日早く観測史上二番目に早い梅雨入りだとか。 今日12日の午前中、屋久島には「土砂災害レベル3」の大雨危険度通知が出され、 昼過ぎには大雨警報も出る本降りに。 六角堂の敷地を流れる沢も一気に…

屋久島ボンボンポイ第60+2回 楠川 DRIFT WOOD Cafe HI7TA 新緑のかからん団子

拝啓 4月29日に新規オープンされた楠川の二軒のカフェ。 その一軒は前回のブログでご案内いたしました。 今回は楠川と椨川の境目、かつて「マルヤカフェ」さんがあった場所に増改築して新規オープンされた「DRIFT WOOD Cafe HI7TA(ひなた)」さんの探訪記。…

屋久島あいすくるりん 第25回 楠川 SAKURA パフェもいいけどフルーツサンドの新発見

拝啓 一昨日は憲法記念日、昨日はみどりの日、明日はこどもの日でGWも一区切り。 都市部を中心にコロナの感染拡大が止まらず、緊急事態宣言やら“マンボウ”やらで規制が続く日本列島ですが、 その南西諸島の一角にある屋久島では、縄文杉登山に向かうお客様が…

BookCafeの散歩道2021 第1回 天命に安んじて人事を尽くす

拝啓 2020年5月6日、次の趣旨で開始した「BookCafeの散歩道」。 コロナ惨禍をきっかけに広まった#7日間ブックカバーチャレンジ。 Book cafeのオヤジとしては見逃せず。 そして晴耕雨読ならぬ晴歩雨読で「歩く速度の島の風景」をご案内。 島の味わい・宿の楽…

遅咲きの桜の次は紫陽花で はたまたはまゆの夜cafeを

Space & Spice Lab 六角堂からのお知らせ 4月のちんたらBookCafeにも多数ご来店下さり、誠にありがとうございました。 六角堂の遅咲きサクラに目を留めて下さった方がいらっしゃれば幸いです。 もう13年前になるでしょうか。京都の某女子中学校の校庭に結…

屋久島丼紀行第59回 安房 鱗屋 春の景色の勘八丼

拝啓 3月1日に安房でオープンされた鱗屋 Urokoyaさん。 前回は「唐揚げ定食」を頂きましたが、 今回は人気の数量限定メニュー「勘八丼 1200」に挑戦するため、11時半に入店。 今日はご夫婦仲睦まじく料理場に。 待つことほどなく丼の登場。 桜色した八片の勘…

屋久島トリッコロール第30回 女将の若さ映える唐揚げ 安房 鱗屋 Urokoya

拝啓 先週、島の南部の方から「安房のAコープの駐車場の裏辺りに、若い女性が創作料理店を開いたそうだ」と聞き何処じゃろな? 今週初め、島の北部の方から「安房の武田産業から安房港に行く道沿いにごはん屋さんができたそうだ」と聞き、何処なんやろ? こ…

春のお彼岸 シャクナゲとミヤマホオジロの午後

拝啓 昨夜は大雨に加えて真夜中の地震にぞわっとした屋久島。 夜開けて降り注ぐ久しぶりに爽やかな春の日差し。 思い立ったのはシャクナゲの花の咲き具合。 今年の春は桜が例年より早く咲き散り、 ひょっとして栗生の「石楠花の森公園」のシャクナゲも咲き始…

屋久島ボンボンポイ第58+2回 安房 BOSSA 昭和レトロの再生

拝啓 毎年、島の緑が芽吹き始めると、島のあちこちで新しいお店が産声を。 今年も安房川のほとりでまた一つ。 店名はCAPではなく……「BOSSA」。 ※ 聞けば、お店の看板がまだできていないとのことので、勝手に画像を加工。 扉を開ければ、ほほう 天井の感じと…

屋久島ボンボンポイ第57+2回&屋久島パンデチョッコラ 第5回 原 Vegan Factory 誕生

拝啓 多くの島民や観光のお客様に愛された原の「木村珈琲」さんが、 惜しまれつつ閉店されたのは昨年12月。 それから三か月、いつか新しいお店ができると信じて待っておりましたが、 本日3月18日、「OPEN」の看板を発見。 立て看板には「VEGAN SWEETS SHOP」…

ちんたらぼちぼち春の彼岸の入り

Space & Spice Lab 六角堂からのお知らせ 先週のちんたらBookには多数ご来店下さり、誠にありがとうございました。 今週のカフェ営業はお休みです。 さて、東京新宿では10か月ぶりにあの食堂が再開。 屋久島でただ一軒の本屋、安房の「泊書店」でも買える…

屋久島丼紀行第58回 小瀬田(長峰)CAFE シリウス 勢いが違う日替わり丼

拝啓 三月になって、これまで冬季休業されていた島のお店もあちこちで営業再開。 そして、新規オープンのお店もまた一つ。 小瀬田(長峰)のサムズ旧社屋がいよいよ全面リニューアルオープン。 すでに「ラーメンたぶ川」さんが移転オープンされておりました…

屋久島カレー事情 第93回 不屈の精神が付加価値 安房 じぃじ家

拝啓 「不屈の精神」と聞いて次の詩を思い起こす日本人は多いのでは。 写真は『新潮日本文学アルバム 宮沢賢治』から拝借したものですが、 「サウイフ ヒトニ ワタシハ ナリタイ」の後に続く「南無妙法蓮華経」の題目と諸仏の名に、賢治の精神的バックボーン…

屋久島ラーメンの細道 第38回(最終回+1)椨川⤴楠川⤴小瀬田へホップステップジャンプのラーメン

拝啓 千尋の滝の駐車場裏。 昨年は3月末にしか咲かなかったソメイヨシノがすでに開花。 日毎に春めく屋久島ですが、 里のお店も開花の声が。 この「屋久島ラーメン紀行」の最終回として昨年末にご案内した「ラーメンたぶ川」さん。 小瀬田(長峰)のSAMSにて…

2021年 「屋久島カフェ巡り」私的全店ご案内

拝啓 屋久島サウスビレッジ & 屋久島ユースホステル さん協賛 「屋久島カフェ巡り実行委員会 」主催の 「2021 屋久島カフェ巡り」は 1月15日開始の3月15日まで。 これからボチボチとお考えのみな様に、 今回参加の全8店の様子をご案内。 これまでお届けした…

2021屋久島カフェ巡り 第8回(最終回) 松峰 日と月と ヱビス座でチャイを

拝啓 いよいよ 屋久島サウスビレッジ& 屋久島ユースホステル さん協賛「屋久島カフェ巡り実行委員会 」主催の「2021 屋久島カフェ巡り」も最後の一店に。 そろりそろりと伺ったのは松峰の「日と月と」さん。 またまた「今日のお薦めは?」と伺えば、 「寒い…

2021屋久島カフェ巡り 第7回 春牧 tama cafe スカボロフェアスコーン

拝啓 屋久島にも再び寒波がやってきて、フェリー屋久島2は欠航。 発注したスパイスが届かず、31日に予定していたちんたらブックカフェの再開は厳しくなって参りました。 山に上がる町道も凍結・積雪のため通行止めとやら。 それにもめげずヤクスギランド線で…

2021屋久島カフェ巡り 第6回 尾之間 山のおやつ工房 果鈴 モッチョム・サレ

拝啓 全国各地の緊急事態宣言の期限まであと十日ほど。 2月末まで延長されるだろうというのが大方の見方。 そんな中、鹿児島県は新たな支援策を打ち出しましたが…… 鹿児島県/鹿児島県事業継続緊急支援金給付事業 屋久島はもともと売り上げの少ないシーズン…

2021屋久島カフェ巡り 第5回 小島 Na*gano 東屋で若冲

拝啓 2021年屋久島カフェ巡りも折り返しの五店目に伺ったのは、 小島のおやき処 Na*ganoさん。 2016年の春に開業されて間もない頃にもこのブログでご案内いたしましたが、 五年経った今もスタンスは変わらなぬものの、メニューは進化。 六角形の東屋の席に…

2021屋久島カフェ巡り 第4回 安房 Smiley スィーツな笑顔満点

拝啓 降り続く雨と共に一気に春が来たような屋久島南部。 コロナ禍と関係なく観光のお客様の姿がまばらなのは例年通りですが、 ジェットスターの中部-鹿児島線は廃線になり ジェットスター運休6路線を廃止|NHK 首都圏のニュース 鹿児島-屋久島間の高速船も…

2021屋久島カフェ巡り 第3回 志戸子 kiina 緑の秘密

拝啓 島の南部六角堂から一湊のキヨコンネガイさんまでは38㎞。 志戸子のkiinaさんまで34㎞。 寄り道しながら往復すれば80㎞の道程。 そうそう頻繁に行くことはできないので、キヨコンネガイさんでお昼を頂いた後、 kiinaさんでお茶とケーキを頂こうと。 お…

2021屋久島カフェ巡り 第2回 一湊 キヨコンネガイ 超絶天津飯

拝啓 六角堂の建つ島の南の麦生ではシャツ一枚で過ごせそうな大寒でしたが、 ぐるりと島を半周した一湊は北西の風が吹きつけウインドブレーカーが必需品。 そんな屋久島最北端のカフェ 「キヨコンネガイ」さんへ。 Yakushima gatherhouse cafeキヨコンネガイ…

2021屋久島カフェ巡り 第1回 mori cafe stand ベトナムから屋久島へ

拝啓 いくら入念なコロナ対策を取ったところでお客様が来て下さらなければ始まらないのがお宿や飲食店。 例年オフシーズンの1月は冬季休業の多い屋久島ですが、そんな時期こそ島民にカフェの魅力を味わってもらおうと昨冬始まった「屋久島カフェ巡り」。 そ…

2021年 古事記の旅 第5回 小島の神々 ヒトが居てカミもまします

拝啓 『古事記』は上・中・下の三巻構成。 上巻は、天地開闢に始まり様々な神さんが活躍し、神武が誕生するまで。 中巻は、神武から応神まで、倭建命(ヤマトタケルノミコト)が登場するヤマト族の征服史と新羅の王子アメノヒボコなど朝鮮との関わりを記した巻…

2021年 古事記の旅 第4回 ヒルコ⇛えべっさん⇚コトシロヌシ ご出身はどちらでしょう?

拝啓 一月十日、屋久島の原漁港では粛々と神事が。 ※ 島のカヤックガイド「サウスアイランド 」のフェイスブックから画像を拝借いたしました。 漁港のある集落には必ずと言っていいほど祀られているヱビスさんの様子は、5年前にもブログ特集「島の恵比寿さん…

2021年 古事記の旅 第3回 元旦初詣 尾之間の女神とヱビスと竜神と

拝啓 初詣の最終回は方言で「オネラ」「オネダ」「オナイダ」などと呼ばれる尾之間(オノアイダ)、縄文時代の石器や土器も出土する古い集落の神さん達のご案内。 オネラは「仰ぐ・見上げる」の意の方言、本富(モッチョム)岳、耳岳、割石岳三山の尾根の間を…

2021年 古事記の旅 第2回 元旦初詣 原のホオリとヱビスとウラシマさん

拝啓 麦生の西隣、千尋の滝-龍神の滝-トローキの滝と流れ下る鯛之川(タイノコ)を渡るとハラ、ハルオ、ハローと呼ばれる集落。 今は柑橘類の産地ですが江戸時代には奄美大島から製糖技術が輸入され、昭和中期には大きな製糖工場もあった集落。 (『屋久島町…

2021年 古事記の旅 第1回 元旦初詣 神さんのおさらい+麦生案内

拝啓 旧年中のご愛顧に感謝し、皆様方のご多幸を祈念して、 『古事記』に登場する島の神々を巡る新シリーズ、 5年前に綴ったヱビスさん巡りの記事「島の恵比寿さん」の改訂版ともなる 「2021年古事記の旅」をお年賀に。 元旦の朝は初日の出に「今年もよろし…

屋久島グッドモーニング第13回(最終回+1)&屋久島ボンボンポイ第56+2回 2021元旦特別編

拝啓 島のほとんどの飲食店が正月休みの最中、 お正月メニューで元旦から営業されたお店を三店ご案内。 その1. 島cafeラ♡モンステラさん 空港近く長峰のモーニング専門店 ラ♡モンステラさんでは 1日と2日のみ「お正月プレート」をご提供。 プレートにはお節…

いよいよ来る年 年始の島内飲食難民の皆様への朗報

拝啓 2020年も残り600分ほどになった午後、買い物ついでに昼食をと思うも。 ただでさえ冬季休業で休みの多い島の上、残った店も年末年始の休業。 そんな時に頼りになるのが屋久島空港内にある「エアポートやくしま」さん。 新型コロナウイルスの感染確認が、…