屋久島六角堂便り~手紙

自然と人が織りなす屋久島の多様性を屋久島六角堂から折々にお伝えします

屋久島ほんの気持ちばかり

島のカフェの本棚巡り記事

屋久島ほんの気持ちばかり第12回 両津巡査長に出会ったオタク系喫茶 ハンターショップちーぞー

拝啓 買い物がてらササッと昼を済まそうかと、向かった安房のラーメン屋さんはお休み。 そこで思い立ったのが、そこから車で1分、安房小学校の裏手、お墓の入り口にあって開店当初に伺った切り足を向けていなかった「ちーぞー」さん。 以前、「屋久島カレー…

屋久島ほんの気持ちばかり第11回 SUNGUN BERGERで出会ったのねずみ

拝啓 紫陽花の花が県道を彩る島の梅雨。 西の果ての栗生集落の栗生海水浴場ではウミガメの産卵もピークとなり、 8月には子亀の誕生も。 そんな栗生でしばらくお休みされていた「SUNGUN BERGER」さん、 https://www.facebook.com/pon-pon-sungun-burger-10980…

屋久島ほんの気持ちばかり第10回 本を作る珈琲焙煎所 一湊珈琲

拝啓 今週9日から17日まで定期点検のため定期検査で運休となる島の足フェリー屋久島2。 屋久島航路「フェリー屋久島2」のドック運休のお知らせ 島の最繁忙期GW前とはいえ、自家用車で海を渡って観光を楽しもうとされるお客様には辛い9日間。生活物資や宅配…

屋久島ほんの気持ちばかり第9回 どうぶちの昭和 三丁目在るのは町の印なり

拝啓 今日、六角堂コテージにチェックインされたお客様の話によればフェリー屋久島2はかなり揺れたとのこと。遥か南洋を猛烈な勢力で西進する台風第26号イートゥーさんの影響かと。それでも島の里は穏やかに晴れ、県道を走ると何台もの自転車に遭遇。 年明け…

屋久島ほんの気持ちばかり第8回 珈琲乃郷で捲る島の命の姿

拝啓 冷え込みがぐっと進んだ屋久島の朝晩。それでも夕暮れ時に入道雲が山陰に立ち、 夜更けた海の漁火をぼんやり眺めるには絶好の季節。 六角堂コテージにご滞在になるお客様のチェックイン後、思い立って自家栽培の屋久島産コーヒー豆を自家焙煎した珈琲を…

屋久島ほんの気持ちばかり第7回 ひよりやのごはんで背筋しゃっきり心ふっくら

拝啓 台風一過と言うものの、フェリーも高速船も止まったままの屋久島の海の上には悠々サバが泳ぐ秋の午後。 ご滞在予定のお客様のご来島が欠航等で叶わず、ここはちょっと気分転換にと久しぶりに伺ったのは小瀬田の「ひよりや」さん。 ※ 2016年、開店当時の…

屋久島ほんの気持ちばかり第6回 はまゆの美魔女ケーキと魔ッスルコーヒータイム

拝啓 秋分を過ぎて一雨ごとに秋は深まり、山から海へと吹き下ろす涼やかな風に吹かれる屋久島。夕闇と共に鳴き競う鈴虫と蟋蟀に松虫までが割って入る屋久島麦生の六角堂。 こんな季節に恋しくなるのは薫り高いホットコーヒーのひと時。夜更けてfacebookを眺…

屋久島ほんの気持ちばかり第5回 理具庵に住むキリン

拝啓 先日、コテージにご滞在中のお客様を永田までご案内。横河(よっご)渓谷は豊かな緑と清流に満ち溢れ、 いなか浜は青い空海と白砂のコントラストが美しく、口永良部島は蜃気楼のよう。 浜でお客様とお別れした後、宮之浦のcafe & bar geckoさん(屋久島…

屋久島ほんの気持ちばかり第4回 デイビスで出会った極楽と地獄

拝啓 今年の日本列島は記録的な厳寒と豪雪。屋久島でも奥岳ばかりか、里にも積雪が見られる立春過ぎ。それでも県道沿いの寒緋桜はそろそろ散り染めで、たわわなタンカンが春の近いことを教えてくれる屋久島南部。 先週、そんな麦生の里のCafe & Cottage Davi…

屋久島ほんの気持ちばかり第3回 冬籠るノマドの「今」を生きる

拝啓 11月にやってきた二つの台風の影響で、今が最盛期のポンカンも収穫が少ないとのこと。小雨しょぼふる冬空に染まってしょぼくれていても仕方がないと、錆付く体をグイっと伸ばし原(はるお)へ。目的地は冬ごもり前最終営業日のノマドさん。 オープン時間…

屋久島ほんの気持ちばかり第2回 自然体感ジェラートそらうみ

拝啓 師走に入って奥岳には積雪、先日は島の北側宮之浦には霰が降り、今日は海上荒天によるフェリー欠航。今年の屋久島の冬は例年になく荒っぽいようです。それでも午後3時過ぎの麦生の海には青空も広がり始め、南へ渡る船影も。 こんな午後は静かなお店でゆ…

屋久島ほんの気持ちばかり第1回 温故知新の雪苔屋

拝啓 日向にハイビスカス、日陰に山茶花の咲き誇る六角堂の11月。日中はTシャツ一枚で過ごせても日暮れともなればジャージを羽織りたくなる島の秋。スポーツの秋とは無縁で、芸術の秋とはなかなかならず、食欲の秋に溺れていてはまたお医者様のお叱りが。 そ…