屋久島六角堂便り~手紙

自然と人が織りなす屋久島の多様性を屋久島六角堂から折々にお伝えします

屋久島の天地

空や海、台風や噴火など島の自然記事

諸行無常 このブログもあと2週間の命です

拝啓 観光・帰省シーズン真っただ中のお盆に襲来した台風10号クローサさんの気象衛星の画像を振り返ってみると 8月7日には8号、9号、10号と台風の連なり。 8月8日には西に9号、東に10号の眼がくっきりと。 8月10日、9号は上海を襲い、10号の眼は見開いて 13…

雨水の夜スーパームーンに手を合わせ

拝啓 今日2月19日は二十四節気の雨水。 雪は雨となり、氷も溶けて水となる時季。 雨水がぬるみ草木の芽も萌え出し、農耕の準備を始める目安となる日。 屋久島は午前中、嵐のような風雨に見舞われましたが、吹く風は生温かさえ感じました。 そんな午後の7時過…

正月の太陽を食う見えぬ月

拝啓 2019年1月6日午前9時過ぎから11時前まで屋久島でも部分日食が。 穏やかに晴れ渡る太平洋をきらめかせ、太陽が少しずつ欠け始めましたが、もちろん肉眼ではわかりません。 カメラの絞りを最大に、露出補正もマイナス最大にして ファインダーは覗かずに、…

コンレイ悲話 ニャーが教えてくれた海の果て空の果て身の内のこと

拝啓 屋久島で何軒もの家の屋根を吹き飛ばし、樹々をなぎ倒して10時間以上の停電を引き起こした台風24号チャーミーさんが北の海に去ったと思いきや、南の海では25号コンレイさんが瞳をパッチリ見開いて沖縄→東シナ海→九州北部へと旅を続けている様子。 それ…

チャーミーの花びら舞えり島の秋

拝啓 台風24号チャーミーさんは屋久島を天空から見下ろしながら駆け抜け、非常に強い勢力を保ったまま日本列島縦断の旅へと向かっているさ中ですが、 昨夕からの屋久島24時間を振り返ってみることに。昨日29日3時過ぎ、沖縄で猛威を振るっていたころ、屋久島…

小寒の海にすらりと島の虹

拝啓 正月三が日は穏やかな小春日和に恵まれた屋久島麦生。小寒を迎えた今日1月5日は朝から雨模様でしたが、昼過ぎからわずかに晴れ間も。午後3時過ぎに買い物がてら安房へと車を走らせると県道正面にぶっとい虹が。 今年の初虹なればしっかり撮影をと屋久島…

暈を差し夜道連れ添う十六夜

拝啓 満月から新月へと向かう2018年最初の16夜。 同じ山を歩いても、登りと下りでは見える風景が違うとか。 同じ時を過ごしながら、人それぞれに時代は違って見えているのかも。 若葉萌え出す太陽にはなれずとも。夜道を照らす月ぐらいにはなりたいと願う還…

今日もまた待てば登れる初日の出

賀正 45億歳の太陽。生きとし生けるものへの新たな光の恵みに感謝。

貪婪に満ちたる地球月を食む

拝啓 7月21日に発生した台風5号ノルーは7日に屋久島を去った後、四国近畿東海北陸に爪痕を残しつつ、なお歩みを進めている様子。18日間も暴風雨を維持できるほど日本の近海の温度は高くなっていることを再認識させてくれました。 さて、今日8日の未明は部分…

オーロラと見紛う雲の渦の果て秋立つ明日の風に乗りたし

拝啓 ほぼ三日、鹿児島南海上の離島を孤絶させ、十数時間の停電をもたらした台風5号ノルー。 午後7時過ぎには宮崎の東海上へ ノルーの尻尾が島を離れたちょうどその頃、屋久島麦生の海は開けて 沈む夕日に辺り一面小麦色に輝き始め 流れる雲はオーロラのよう…

メイと鳴く山羊や悲しき野分かな

拝啓 2017年7月21日に発生した台風5号ノルー(韓国の言葉でノロジカ)は8月3日に発生した台風11号ナルガエ(北朝鮮の言葉でつばさ)と6号差で存在するという観測史上新記録の台風。南北朝鮮に挟まれた日本の南海は大荒れ。 のらくらノルーは目元パッチリ。何…

苺の月はゆるゆる照らし

拝啓 2017年6月9日午後8時12分の十五夜。 9日の満月は今年1年で、地球から最も離れ、一番小さく見える「ストロベリームーン」。米国でいちごの収穫時期に見えることからつけられた呼び名だそうですが、朝日新聞のWeb Newsによれば他の時期より赤く輝くのは…

六月六日雨ザーザー降ってきてあっという間に切ない梅雨の入り

拝啓 一昨日までは爽やかな風吹き抜けていた屋久島麦尾の六角堂。昨夜から雨がぱらついたかと思ったら、今日の午後から本ぶりに。天気図を見れば…… しっかり梅雨入りしたようです。 オタフクアジサイの花芽も色づき始め ノウゼンカズラは朱色に染まり 月桃の…

山に雪海に虹立つ島の旅

拝啓 島で一番温暖な麦生の里を北風から守ってくれるトイモ岳。今年一番の寒気が流れ込んだ朝 山頂付近は朝8時前までうっすら雪化粧。 それでも9時ごろにはポカポカ陽気で、六角堂コテージに東京からご滞在中のお客様も温かさにびっくり。ヤクスギランドや白…

元旦の星となれるやまた一つ

拝啓 屋久島麦生の六角堂。穏かな初日の出に始まり 穏かな夕暮れで一日を閉じたかと思いきや、午後9時ごろにはこの冬一番の星空。 左下にはオリオン、右上にはスバルがくっきりと。 オリオンの三つ星にぐっと近づけば スバルにググッと寄っていくと 更にググ…

森も良し海も良し里も良し月も良し……冬季限定40%割引実施中

拝啓 2016年12月13日23時00分。この数日の寒気が去ったせいか、風も生ぬるく日中同様、夜が更けても暖房無しどころか網戸で外気を通したままの屋久島麦生六角堂。温度計を見ると、なんと21.5℃。 外がほの明るいでカメラを盛ってデッキに出ると、満月を明日に…

オリオンに吸い込まれつるコウノトリ

拝啓 2016年12月9日午後10時27分頃。種子島宇宙センターからH-IIBロケット6号機が宇宙ステーション補給機「こうのとり」6号機(HTV6)を載せて打ち上げられました。 いつもは安房のサウスアイランドさん( http://www.south8940.com/ )のプライベートビーチ…

身に沁みて己の弱さ照らす月

拝啓 日付が変わる前ごろまで、屋久島麦生は厚い雲からポツポツ。68年振りの大きさで照り輝くスーパームーンにはお目に掛ることはできないかと思いきや、日付が変わった15日の午前0時過ぎ、ふらりと外に出てみれば、何ということでしょう、雲の切れ間からそ…

気が付けば八月もあと十日ばかりに

拝啓 記録的な酷暑と少雨が続き、節水の呼び掛けが防災無線から流れる屋久島。 それでも昨日から海風が心地よく吹き始めたと喜んだのもつかの間、 天気図を見れば太平洋上には台風第9号 (ミンドゥル)、台風第10号 (ライオンロック)、台風第11号 (コンパス)が…

夜の虫昼の雨垂れ梅雨盛り

拝啓 昨夜は流し虫の乱舞。 カフェの非常灯も虫を集めてしまうようなので、布をかぶせて減光。 朝、布の中に虫が入っていないか確認すると…… クワガタがポトリと落ちてきました。いったいいつどこから迷い込んだものやら。 朝になっても雨は降り止むことなく…

美しき姫の罪こそ我にあれ

拝啓 2016年4月22日は旧暦3月16日の望月。屋久島麦生では月の出の頃、水平線上に厚い雲が掛っていましたが、 夜7時過ぎには月が姿を現し、海は銀色に いつものように愛用のNikonD80にTAMRONの28-300mmレンズを付けて撮影 今夜もウサギがせっせと餅をつい…

雪宿り光宿りの島の宿

拝啓 24日から島の里にも降り始めた雪は翌朝 ぐずる雲間に朝日の足が ふっかり雪のテーブルセンター キラチラキラチラ瞬く雫 冬の空からプレゼント 慣れぬ化粧に恥じらう山を 背にして嬉しい 六角堂コテージ山-[Love-恋愛羅房]と海-[Live-風来裸坊] 健気にた…

初雪に凍えしミカン強くあれ

拝啓 2016年屋久島麦生の里の初雪-前編 土曜の夜半から最大級の寒気が屋久島にも入り込んだ24日日曜の朝、いつもは季節風をさえぎってくれている麦生の山もうっすら雪景色。 2016年1月24日(日)午前7時30分。グッと寄せて写すと 振り替えれば銀のお盆のような…

霰降り虹立ち昇る丸き島

拝啓 今日は朝から荒れ模様、二週続けてフェリー欠航、冬の屋久島木曜日。 ただ、〈洋上のアルプス〉を抱く円形の島ならではの風情ひとしお。 昼過ぎに島の北北東、志戸子集落のカフェkina(http://www.sds-yaku.server-shared.com/kiina/)さんへ。二十日で今…

人として成すべき道に灰被り

口永良部噴火レポート3 拝啓 口永良部噴火で火山灰の降った屋久島の西部林道は、風向きに因るのか灰が厚く積もっている場所が何か所かありました。 その辺りではヤクザルも灰を被ったようで、毛並みが灰色掛っていました。 栗生に下りていく林道はうっすら雪…

噴煙に逃るる者と群れる者

口永良部噴火レポート2 拝啓 今日5月29日の午前10時ごろに発生した屋久島の隣島「口永良部島」の噴火。六角堂のある島の南部麦生では、奥岳を越えてきた噴煙が南の海に流れていくのを確認できただけでしたが、ことは全島避難に及び、怪我人も出た模様。Yahoo…

ひょうたんの駒にはあらぬ大噴煙

口永良部噴火レポート1 拝啓 今日の10時過ぎ、いつもとは違う音声で防災無線が流れ、口永良部島の噴火が伝えられました。テレビやラジオで情報を確認せよとのことでしたが、六角堂にはテレビがなく、ラジオの電波もまともにはいりません。そこで、屋久島町の…

月食らう地球に暮らす命ども

拝啓 昨日4月4日は久し振りの皆既月蝕。安房の埴生窯さんの窯焚きにお邪魔している最中、今夜が月蝕だったことに気付きました。 カメラは有れど三脚は無し。庭先の狛犬の頭を借りてカメラを固定しつつの手持ち撮影。300mmズームでは手振れが止まらず上手く…

一日を照らす朝日の昇りたり

拝啓 例年であれば、島の冬を赤く彩るポインセチアが秋の台風で痛めつけられて今年はさっぱりです。ただ、秋に新芽を吹いた桜の木は、季節外れの紅葉で目を楽しませてくれています。 この桜は、京都のとある女子校の校庭のさくらんぼの実から育てて6年目にな…

星めぐり月の巡りて寒の入り

拝啓 年が明けて早六日。小寒の今日は風雨で開けて穏やかな小春日和で暮れた一日でした。 1年365日の内の1日目は365分の1過ぎただけですが、6日間経てばはもう61分の1が過ぎたことになります。明日が暮れればもう52分の1が終了。まさに光陰矢の如し、歳月人…