屋久島六角堂便り~手紙

自然と人が織りなす屋久島の多様性を屋久島六角堂から折々にお伝えします

Book Cafeの散歩道 第10回 5/25 #7日間ブックカバーチャレンジ 第四週 #day6 最後の一日

拝啓

2020年5月25日、全都道府県で緊急事態宣言解除。

このひと月あまりの出来事は、日本の年輪に刻まれることでしょう。

f:id:y-6kakudo:20200525235625j:plain

#7日間ブックカバーチャレンジ 第四週は6日目で終了となりましたが、旧約聖書によれば神様も六日で天地創造を終え、七日目は休息されたそうですから、これもよい区切りかと。

5月22日 藤原新也
メメント・モリ

#7日間ブックカバーチャレンジ
全国の緊急事態宣言解除まで継続中-第4ラウンド #day6
2020年4月16日、全国に発せられた新型コロナウイルス感染防止対策としての緊急事態宣言が5月25日夜、全都道府県で解除。
これで一件落着とならないことは、誰もが知っていることですが、
その日本史に残る大きな節目に際して、この#7日間ブックカバーチャレンジのトリをどの本に務めてもらうのか悩みましたが、この一冊に。
旧作は1983年初版ですが、あえて2008年初版の三五館発行「21世紀エディション」を。
そして荒木経惟の「センチメンタルな旅 冬の旅」をお供に付けさせていただきます。
この本のバトンは、旅を愛し人生を愛する方に送らせて頂きます。
スルー自由自在です。

f:id:y-6kakudo:20200526000024j:plain

コメント欄

『センチメンタルな旅・冬の旅』は、妻陽子が子宮肉腫のため他界するまでの数ヶ月彼女を撮り続け、彼女を失うまでの心の旅を描いた作品。棺の中の顔や火葬された骨の写真で物議も。

f:id:y-6kakudo:20200526000107j:plain

 

ちんたら散歩風景~麦生・原一巡り

ブックカバーチャレンジ最後の日は、

先日営業再開した雪苔屋さんで、数週間ぶりのケーキと珈琲を頂いてパワーチャージ。

f:id:y-6kakudo:20200526000544j:plain

そこで、ちょっとばかり長めの散策。

新たな局面を迎える日の記念として、時間を追いながらの麦生・原集落一巡り案内。

18:00 六角堂スタート 海抜47m。津波の心配はありません。

f:id:y-6kakudo:20200526000835j:plain

そこから山の道に向って坂道をテクテク

f:id:y-6kakudo:20200526001011j:plain

18:30 山手の道を西に進みリゾートホテルサンカラを過ぎると海抜115m

f:id:y-6kakudo:20200526001142j:plain

18:31 すぐに龍神の滝、橋の上から太平洋を展望

f:id:y-6kakudo:20200526001224j:plain

18:48 千尋の滝展望台への別れ道を越え、キャノッピさんを通り過ぎ、

f:id:y-6kakudo:20200526002031j:plain

19:05 坂を下って里の道を進めば原集落の益救神社。

f:id:y-6kakudo:20200526002108j:plain

19:22 県道に出て東に向かうと鯛之川の橋上、山手に千尋の滝、海手にトローキの滝

f:id:y-6kakudo:20200526002218j:plain

19:35 ポンタン館を過ぎて畠の道に入って振り返るモッチョム岳と三日月

f:id:y-6kakudo:20200526002703j:plain

19:41 夜の帳が降り始めた麦生漁港の海の道を進めば再び県道に

f:id:y-6kakudo:20200526002749j:plain

19:58 ヘッドライトを付けた車に気を付けながら路肩を進んでゴール。

f:id:y-6kakudo:20200526002938j:plain

標高差100m余りアップダウン、11.3㎞を1時間58分で周回。

分速96mのテクテクでした。

ちなみに、不動産関係の広告で表示される徒歩所要時間は、分速80mで計算。
この基準は「健康な女性がハイヒールを履いて歩いた時」の歩行速度が元だとか。

 

さて、このBook Cafeの散歩道、

これで終了かと思いきや、思うところあって週一ペースで継続予定。

宣言解除とはいえ、第二波必定。

皆様くれぐれもご自愛ご他愛くださいませ。

敬具

BookCafeの散歩道 カテゴリーの記事一覧

屋久島の人と暮らし カテゴリーの記事一覧

屋久島の生き物 カテゴリーの記事一覧

 

 

Book Cafeの散歩道 第9回 5/22・23・24 降られても濡れてしまえば傘いらず

拝啓

さて散歩にでもと思うや否やにわか雨。

f:id:y-6kakudo:20200524230314j:plain

島中どこを歩いても、樹々の命が吹き出しております。

 

5月22日 田所美恵子著
「針穴写真を撮る」

#7日間ブックカバーチャレンジ
全国の緊急事態宣言解除まで継続中-第4ラウンド #day3

Instagramが流行り出して、凝った写真を撮りたい方も多い様子。
そんな方へのお薦めは、最もアナログなピンホールカメラで撮った白黒写真。
かつてカメラ部の顧問をしていた時、「うちは写真部ではなくカメラ部なので、カメラを作るところから始めます」と、ピンホールカメラを空缶で製作し、暗室でプリントまで。
カメラの仕組みや焼き付けの手順を覚えるのに役に立ったかと。

2001年10月23日の京都新聞には、アフガニスタンピンホールカメラで出征に出向く兵士の姿を撮る写真技師の話題が掲載。
詳しい作り方を知りたい方には熊崎勝著『初めてのピンホールカメラ 入門』(風媒社)がお薦め。

この本のバトンは京都の老舗「ワンダス写真館」の

看板娘、武田 真代子さんに送らせて頂きます。
スルー自由自在です。

f:id:y-6kakudo:20200524224600j:plain

コメント欄

17年前に訪れたアフガニスタンは今、どうなっているのか……

f:id:y-6kakudo:20200524224619j:plain

ちんたら散歩風景~雨でお休み

f:id:y-6kakudo:20200524231615j:plain

 

5月23日 吉田明
「七輪陶芸入門 決定版」
#7日間ブックカバーチャレンジ

全国の緊急事態宣言解除まで継続中-第4ラウンド #day4

屋久島には陶芸工房がいくつかあり、それぞれに味わい深い作品が産み出されています。
この本は登り窯で作陶されている埴生窯の山下さんに教えて頂いた

吉田明著作の主婦の友社「決定版」。

やってみたくて七輪も買いましたが、実現する前に七輪は島の湿気でぼろぼろに。

この本のバトンは、陶芸の道に進んでいらっしゃる岸弘子さんに送らせて頂きます。
まだ美濃で元気にされているでしょうか?

f:id:y-6kakudo:20200524225215j:plain

コメント欄
ペーパーキルン(紙窯)にも興味あり。

f:id:y-6kakudo:20200524225236j:plain


ちんたら散歩風景~麦生

藪の中から天に突き出すバナナの花

f:id:y-6kakudo:20200524231740j:plain

途中、ザザ振りのズブ濡れ

f:id:y-6kakudo:20200524233011j:plain

GW前から二週間ほど蛍が飛んだ川。海の間際で飛ぶ蛍は格別。

f:id:y-6kakudo:20200524231947j:plain

 

5月24日 筒井康隆
「薬菜飯店」
#7日間ブックカバーチャレンジ
全国の緊急事態宣言解除まで継続中-第4ラウンド #day5
いよいよ緊急事態宣言完全解除の様子。このチェレンジもまた。

第1週目の#day1は表紙が無地の「自分の感受性くらい」をご案内。
そこで残りわずかとなった今日は、ブックカバーを失ってしまった文庫本から「自分の健康くらい」と言う訳で“薬膳”にまつわる短編集を。

オーナー筒井康隆「薬菜飯店」は痛快壮絶の味わい。最後に収録された「カラダ記念日」をデザートに。
コロナ対策のため、エログロナンセンスの極み『宇宙衛生博覽会』をお持ち帰りにお包みいたします。

この本のバトンは、プロフィール写真が「あーおいしかった」の大石 みのりさんに送らせて頂きます。

f:id:y-6kakudo:20200524225424j:plain

コメント欄
時節柄『宇宙衛生博覽会』中の「ポルノ惑星のサルモネラ人間」がお薦めです。

f:id:y-6kakudo:20200524225515j:plain

 

ちんたら散歩風景~原

畑の脇では月桃の仲間が蕾を膨らませ始め、

f:id:y-6kakudo:20200524232037j:plain

杉林に自生するヘゴ。屋久島ならでは。

f:id:y-6kakudo:20200524233535j:plain

空にはうっすら虹の架け橋も

f:id:y-6kakudo:20200524232207j:plain

敬具