屋久島六角堂便り~手紙

自然と人が織りなす屋久島の多様性を屋久島六角堂から折々にお伝えします

BookCafeの散歩道

コロナ惨禍をきっかけに広まった#7日間ブックカバーチャレンジ。 Book cafeのオヤジとしては見逃せず。 そして晴耕雨読ならぬ晴歩雨読で「歩く速度の島の風景」をご案内。 島の味わい・宿の楽しみを深めて頂ければ幸いです。

BookCafeの散歩道&おみずの島プロジェクト コミューンの過去と未来

拝啓 7月9日現在、梅雨末期の豪雨災害により熊本県を中心に65人が死亡し、1人が心肺停止、16人が行方不明。 豪雨被害 熊本中心に65人死亡 1人心肺停止 16人不明 捜索続く | NHKニュース 東京都は9日、都内で新たに224人が新型コロナウイルスに感染しているこ…

BookCafeの散歩道&おみずの島プロジェクト 屋久島トマソン その5 黒崎から島のテイクオフ

の続編です。 拝啓 今回ご案内する本は、 講談社スポーツシリーズ「ハンググライダー」と 山と渓谷社の「パラグライダー 入門とガイド」 どちらも30年ほど前に購入した本。 空を飛びたくて、伊吹山のパラグライダースクールに通い、 J.H.FのB級技能証も取得…

BookCafeの散歩道&おみずの島プロジェクト 屋久島トマソン その4 木立茂る夕陽の楽園 栗生沿岸海中公園

の続編です。 予定では中間・小島地区妄想散歩の予定でしたが、 その前に栗生の散策を。 拝啓 さて、 今回ご紹介する本は古川弘文館発行、片山一道著の 歴史文化ライブラリー139 「海のモンゴロイド ポリネシア人の祖先をもとめて」。 南太平洋のポリネシア…

BookCafeの散歩道&おみずの島プロジェクト 屋久島トマソン その3 麦生の里~蛍の浜公園構想

の続編です。 拝啓 前回、麦生漁港の 女性名船のご案内で少しばかり触れた、 麦生漁港海浜計画。 麦生漁港はGWともなれば、 海に注ぐ川面を蛍舞翔ぶ幻想的なスポットに。島の歴史が詰め込まれた「廃船」を オブジェのように配置し、島の様々な個人事業主がア…

BookCafeの散歩道&おみずの島プロジェクト 屋久島トマソン その2 麦生のことみ丸とさとるくん

の続編です。 拝啓 今回ご案内する本は、 有吉佐和子の『日本の島々、昔と今』(岩波文庫)。 元本は1981年に集英社から発行。 その中に 1979年12月16日脱稿の 「二十日は山に五日は海に 屋久島」が収録。 二度に渡って島を訪れた島民との交流記。 例えば、 …

BookCafeの散歩道&おみずの島プロジェクト 屋久島トマソン その1 栗生のマンボウ号

拝啓 2020.05.29、屋久島町観光まちづくり課/産業振興課より 「町独自の新型コロナウイルス感染症経済対策事業」のお知らせ。 「現状対策+収束後観光キャンペーン」の二段構えなのですが、 どうもしっくりこないのは、 先日、閣議決定された国の消費喚起策…

Book Cafeの散歩道 第10回 5/25 #7日間ブックカバーチャレンジ 第四週 #day6 最後の一日

拝啓 2020年5月25日、全都道府県で緊急事態宣言解除。 このひと月あまりの出来事は、日本の年輪に刻まれることでしょう。 #7日間ブックカバーチャレンジ 第四週は6日目で終了となりましたが、旧約聖書によれば神様も六日で天地創造を終え、七日目は休息され…

Book Cafeの散歩道 第9回 5/22・23・24 降られても濡れてしまえば傘いらず

拝啓 さて散歩にでもと思うや否やにわか雨。 島中どこを歩いても、樹々の命が吹き出しております。 5月22日 田所美恵子著「針穴写真を撮る」 #7日間ブックカバーチャレンジ全国の緊急事態宣言解除まで継続中-第4ラウンド #day3 Instagramが流行り出して、凝…

Book Cafeの散歩道 第8回 5/19・20・21 島の旅、世界の旅、宇宙の旅

拝啓 鹿児島の県花カイコウズが盛りの屋久島南部。 来年のこの花の季節にはたくさんのお客様で島が賑わってほしいもの。 5月19日 カレル・チャペック著「五つのパン」 #7日間ブックカバーチャレンジ全国の緊急事態宣言解除まで継続中-第3ラウンド #day7戯曲…

Book Cafeの散歩道 第7回 5/16・17・18 散歩は雨で二日間お休み

拝啓 いよいよ西洋紫陽花が開き始めた六角堂。 今日も読書と里巡り。 5月16日 上橋菜穂子著「バルサの食卓」 #7日間ブックカバーチャレンジ 第3ラウンド #day4昨日、島の書店事情を探索中、安房の泊書店で初めて買った文庫本(図書カードではなく現金です)…

Book Cafeの散歩道 番外編 その4 「健康づくり1万歩街道モッチョム岳展望コース」

※Book Cafeの散歩道 番外編 その3の続編です。 拝啓 アフターコロナ時代のキーワードは“積極的なSlow dawn”。 そして求められるのは「人の息遣いと香り立つ料理、歩く速度の風景」。 只今、屋久島に眠る化石、あるいは遺跡の如く散在する「資源」を探索中。…

Book Cafeの散歩道 番外編 その3 「新しい滞在様式」の創出

拝啓 屋久島観光と言えば縄文杉登山と白谷雲水狭巡りが定番。 しかし、 六角堂コテージのリピーター様の多くは、「ひたすらゆったり過ごしたい。天気が良ければ森の中でボーっと過ごすのが一番」と。 脳性麻痺や視覚障害などをお持ちのグループ様は、バリア…

Book Cafeの散歩道 第6回 5/13・14・15 梅雨にも負けずコロナにも負けぬ 丈夫な島を作りたい

拝啓 もう梅雨が来たかのような屋久島のザザ振り。 ダチュラの花がしっとりと。 今回もよろしければ、六角堂の本と屋久島の小径へ。 5月13日 インゲ・ショル著「白バラは散らず」 #7日間ブックカバーチャレンジ 第3ラウンド #day1掟破りの#7日間ブックチャ…

Book Cafeの散歩道 第5回 5/10・11・12 ヒトはサルより危険がお好き

拝啓 奄美や沖縄はすでに梅雨入り。 屋久島も台風1号の影響で雨続き。 モッチョム岳を映す田んぼの苗はすくすくと。 5月10日 カン・ギョンス著「ママ」 #7日間ブックカバーチャレンジ 第2ラウンド #day5絵本はコドモの読み物、と思われがち。六角堂の本棚に…

BookCafeの散歩道 番外編 その2 屋久島町内での図書カードの利用方法は?

拝啓 先日、屋久島町教育委員会・教育振興課から「町内の小中学生に図書カードを配付します」のお知らせ。 「自宅での学習や読書活動を支援するため」とのことですが、 ここで一つ疑問が。子供たちが屋久島で本を買えるお店はどこにあるのでしょう?まさか「…

BookCafeの散歩道 番外編 その1 鹿児島県「緊急事態宣言」解除の翌日、思い様々宮之浦 40分の散歩道

拝啓 台風1号は間もなく熱帯低気圧になりそうですが、 屋久島は前線の影響で梅雨のような蒸し暑さ。 布マスクを5分もしているとぐっしょり蒸れて熱中症になりそうです。 屋久島荒木町長は5月15日付で島民向けのメッセージをHPに掲載。 その中には不要不急の…

Book Cafeの散歩道 第4回 5/7・8・9 ひっそり咲く花、ひっそり屋久犬、屋久鹿、屋久猿の罠

拝啓 屋久島の緑華やぐ爽やかな季節。 観光のお客様の姿も絶え、ひっそりとした島のBook Cafeから今回も、 #ブックカバーチャレンジと里巡り散歩のご紹介。 5月7日 安倍公房著 「砂の女」 #7日間ブックカバーチャレンジ 第2ラウンド #day2閉じ込められた空…

Book Cafeの散歩道 第3回 5/4・5・6 GW終盤の里

拝啓 ヤマアジサイの花が開き始めた屋久島の里。 ちんたらBookCafeからの#7日間ブックカバーチャレンジと里巡り散歩の記録、 第3回は5月4日から6日、GW最終日までのご紹介です。 5月4日 小山内 美智子著 「車椅子で夜明けのコーヒー」 #7日間ブックカバーチ…

Book Cafeの散歩道 第2回 5/1・2・3 Book Cafeのミッション

拝啓 里を巡れば野イチゴの実。 文房具屋を兼ねた書店が二軒しかない屋久島、そしてコロナ災禍で休業したままの六角堂ちんたらブックカフェ。 7日間ブックカバーチャレンジとは…読書文化の普及に貢献するためのチャレンジ、コロナへの知的な対抗。 Book Cafe…

BookCafeの散歩道 第1回 4/28・29・30 7日間ブックカバーチャレンジとちんたら散歩の始まり

六角堂スパイシーブックカフェ☕イートハーブからのお知らせ GW(と呼ぶのもはばかられる日々)も今日で終了。 しかし、6日までのはずだった新型コロナウィルス感染防止対策の「緊急事態宣言」は延長され、 ちんたらブックカフェも、今しばらく休業延長させて…