屋久島六角堂便り~手紙

自然と人が織りなす屋久島の多様性を屋久島六角堂から折々にお伝えします

Book Cafeの散歩道 番外編 その4 「健康づくり1万歩街道モッチョム岳展望コース」

※Book Cafeの散歩道 番外編 その3の続編です。

拝啓

アフターコロナ時代のキーワードは“積極的なSlow dawn”

そして求められるのは「人の息遣いと香り立つ料理、歩く速度の風景」

只今、屋久島に眠る化石、あるいは遺跡の如く散在する「資源」を探索中。

 

今回ご紹介するのは、屋久島町の南部が「屋久町」であった頃、

30年ほど前に「整備」された「健康づくり1万歩街道モッチョム岳展望コース」

f:id:y-6kakudo:20200520214351j:plain

屋久町の庁舎前にペンキも煤けた案内看板があることに、

島民のどれほどの方がお気付きか。

f:id:y-6kakudo:20200521004536j:plain

※問い合わせても「屋久町保健衛生課」は存在しません。

地図があまりに読み辛く、隣接する尾之間支所の職員の方から頂いた「温泉の里 尾之間MAP」を一万歩コース用に加筆修正。

ピンクに塗った道筋が、一周6.98㎞のコース。

f:id:y-6kakudo:20200521004913j:plain

元の地図は尾之間区の青年達が結成した「商工観光部」が、今から15年前の2005年に作成されたものなので、休・廃業されたお店が表示されていて、言わば「古文書」。

これを携えて、テクテク歩いた道程を以下ご案内いたします。

 

屋久町閉町記念碑」の前に車を止めてスタート。

f:id:y-6kakudo:20200521005836j:plain

海側に向って休業中のペイタさんの前を通り

f:id:y-6kakudo:20200521010019j:plain

JRホテルの手前、こまどり館に向かう道へ左折。

f:id:y-6kakudo:20200521010100j:plain

総合福祉センターこまどり館の横には

f:id:y-6kakudo:20200521010202j:plain

立派な屋根付きゲートボール場。

20年後、ここでゲートボールを楽しまれる方はどれほどいらっしゃることか……

f:id:y-6kakudo:20200521010325j:plain

坂を下れば、長く休業されていたボンクラードさん、いよいよ再開のお知らせ。

f:id:y-6kakudo:20200521010430j:plain

二又川を渡って先に進めば「順路」の矢印。

 

f:id:y-6kakudo:20200521010618j:plain

今までこの「順路」が何の順路か分からず???でした。
ちなみに右折すると養蜂家ライナーさんのキャンプ場。

左折して坂を上って旧県道まで出るとお導きが。

f:id:y-6kakudo:20200521010911j:plain

道中、神様のご加護がありますように。

交差点を左折し、再び二又川を渡って、尾之間区の石碑を過ぎれば、

f:id:y-6kakudo:20200521011023j:plain

独特な鶏の唐揚げが美味しい味徳さんや島に数少ない化粧品店。

f:id:y-6kakudo:20200521011136j:plain

ただ、旧屋久町と旧上屋久町が屋久島町に合併後、

旧街道沿いのお店は衰退著しく寂しげ。

f:id:y-6kakudo:20200521011326j:plain

「スズキオート」の看板は『三丁目の夕日』の世界を彷彿。

歴史的建造物、昭和の遺産として町が保存してもよいかと。

その先の交差点、日高酒店さんの角を今度は右折。

f:id:y-6kakudo:20200521011613j:plain

ほどなく「屋久町 自然休養孫管理センター」脇の「中間点」表示板に。

f:id:y-6kakudo:20200521011738j:plain

ここまでで、やっと2㎞。

更にバイパスまで坂を登って、かつての喫茶トーンさんを横目に県道を渡り、

保食(うけもち)神社の脇をエンヤラと。

f:id:y-6kakudo:20200521012121j:plain

岩崎ホテルとJRホテルに挟まれた海を望める「売地」を通り過ぎ、

f:id:y-6kakudo:20200521012258j:plain

更に坂道を登れば、尾之間温泉へと通じる小径との分れ目に。

気楽庵さんと松田さんの無人野菜販売所。売り切れ御礼結構なこと。

f:id:y-6kakudo:20200521012351j:plain

更に登れば、湧き水と山紫陽花の連続。

f:id:y-6kakudo:20200521012642j:plain

坂を登り詰める手前に右折の「順路」表示。

ここからはずっと下り。

f:id:y-6kakudo:20200521012819j:plain

ループを辿れば「売地」に戻り、更に下って保食神社手前の「道順」を右折。

f:id:y-6kakudo:20200521013019j:plain

真新しいヱビスさんも100年経てば趣きが増すかと。

f:id:y-6kakudo:20200521013118j:plain

島で一番馴染深い恵比寿様が7番目のトリを務めていらっしゃることに何故か納得。

坂を下り切ったらバイパスに。

f:id:y-6kakudo:20200521013312j:plain

尾之間温泉口の交差点を右折して、又登り坂。

f:id:y-6kakudo:20200521013412j:plain

温泉左手の「第2中間点」表示板に気付いている人はどれほどか。

f:id:y-6kakudo:20200521013525j:plain

ここまでで5㎞。

温泉の向いには七福神の中でも一番マイナー(失礼)な寿老人の石像。

f:id:y-6kakudo:20200521014048j:plain

お供の鹿は、やはりここではヤクシカでしょうか?

温泉前に向って左手の道を進み、岩崎ホテルへの進入路を突っ切り、

f:id:y-6kakudo:20200521015011j:plain

そのまま坂を下れば県道に出て海を一望。

f:id:y-6kakudo:20200521015111j:plain

振り返ればモッチョム。

f:id:y-6kakudo:20200521015320j:plain

ここを左折し、県道沿いに岩崎ホテル入口を通り過ぎ、

f:id:y-6kakudo:20200521015442j:plain

尾之間温泉口の交差点を右折し、

f:id:y-6kakudo:20200521015555j:plain

Aコープ尾之間店の横を下って、

f:id:y-6kakudo:20200521015701j:plain

JRホテルに向って交差点を右折すれば……

f:id:y-6kakudo:20200521015756j:plain

はい、起点に終着。

写真を30枚ほど撮りながら要した時間は1時間15分。

f:id:y-6kakudo:20200521015953j:plain

「活力と愛情あふれる 文化豊かな町づくり」

「自然と人との共生をめざす町」

核兵器廃絶と恒久平和の確立を願う 非核宣言の町」

この旧屋久町の精神は屋久島町となっても生きているはず?

 

これからも島の未来をテクテク歩いてみたいものです。

敬具

6kakudo-tegami.hatenablog.com