屋久島六角堂便り~手紙

自然と人が織りなす屋久島の多様性を屋久島六角堂から折々にお伝えします

深まる秋 鹿児島市内で魚カレーと映画の収穫 ミニシアターを屋久島にも(屋久島カレー事情第120回 )

拝啓 鹿児島市内に高速船で鹿児島へ。 渡海の一番の目的は秘密。 ですが二番目以降の目的と収穫をいくつかご報告。 一つは魚カレーの研究。 屋久島史上初?のインド料理店が10月末にオープンすると聞いたのはひと月ほど前。 その名も「すばらしい」。 そこで…

ふけゆく秋の夜 島の空の わびしき思いに ひとり悩む

拝啓 庭のバナナが雨に打たれて弾けて来たので切り取って母屋に房吊り。 「光陰矢の如し」とはよく言ったもので、 静さんが手に持つ花札を10月の「鹿と紅葉」に替えてから早や半月。 本当ならばちんたらブックカフェを開いているはずだったのですが、 あんな…

屋久島ほんの気持ちばかり第22回 2023年秋の明冥文庫より ④ へび女からサルマタケまで昭和の漫画

拝啓 一昨日、六角堂の母屋の軒下でじっと佇んでいた一匹の蛇。 体長は40㎝ばかり。 近付いても逃げることもなくじっと。 あまりにカラフルな姿に、毒蛇やろか?でも頭▲ちゃうし、 ヤマカガシとは柄も違うみたいやし…… そこでFacebookでどなたかお答えいただ…

屋久島グッドモーニング第16回+屋久島ほんの気持ちばかり第21回+屋久島カレー事情第119回 あまやどりしながら島の未来を

拝啓 六角堂の庭のバナナが色付き、 芙蓉の花咲き、 街宣車から町長選挙候補者名の連呼が響く朝。 長期ご滞在のお客様用に備えておきたい本を求めて、 島唯一の書店、安房の泊書店へ。 そこで購入したのがこちら。 『島に棲む』 口永良部島・火の島・水の島 …

屋久島ほんの気持ちばかり第20回 2023年秋の明冥文庫より ③ リボンの騎士とパタリロと下着

拝啓 カメラ嫌いのツマベニチョウ。 屋久島を代表するこの蝶をやっとスマホに納めることができました。 この蝶を見るたび、ふと思い出すのはかつて一時期嗜んでいたシガリロ。 マリポーサ。 ほんのりバニラが香る紫煙の甘さが疲れを癒してくれました。 そし…

屋久島ほんの気持ちばかり第19回 2023年秋の明冥文庫より ② 草も虫も人も繁殖して死ぬ自然さ

拝啓 秋深まる六角堂の庭では、蜜を求めて蝶がひらひら。 そして二頭が絡まり合ってつがいのように。 これから産みつけられた卵は越冬するのかしらん? 本州の初夏から秋の花々や果実が同居する10月の庭。 その六角堂の庭先で、 「花より魚」と特別支給のト…

こんにちはとさようなら 2023年秋 屋久島ボンボンポイ 第69回 𝐇𝐄𝐀𝐋𝐓𝐇𝐘 𝐂𝐀𝐅𝐄 𝐘𝐔𝐉 安房でこの秋冬

拝啓 いつもは宮之浦の「中島たたみ店」横でkitchen car営業をされているTrip curryさんが、安房の八重岳食堂二階にある「檸檬」さんで三日間の間借りカフェをされていると知り、いそいそと。 一日目には「タンドリーチキン風チキンカレー」と 焼きいもキャ…

屋久島ほんの気持ちばかり第18回 2023年秋の明冥文庫より ① 福田村事件とマコモ

拝啓 この半年、六角堂明冥文庫に新たな本が何冊も海を越えてやって参りました。 本当なら、皆様にもちんたらブックカフェでゆっくりお手に取って頂きたいものばかりなのですが、 よんどころない(情けない)事情に明け暮れて、それも果たせぬまま秋を迎えて…

こんにちはとさようなら 2023年秋 屋久島パンデチョッコラ 第6回 ぷく福パン そして2台の自販機準備中+血まみれ指クッキー

拝啓 9月は一週間島を出てあれこれ用事を済ませたり、入れ替わり立ち代わりのコテージのお客様の対応であたふた。 一息ついて中秋の名月を眺めている内、早や神無月。 9月末で廃業されたサンキュー食堂さんで最後のブタ尽くしを頂き、 12月中旬までお店を閉…

ヤクのニクへ ふふっふ~ 第12回 安房 ジビエ王国 屋久島バーガーに変身!

拝啓 8月中旬、Instagramでこんな記事に遭遇。 屋久島バーガー(@yakushima.burger) • Instagram 屋久鹿の卸専門「屋久鹿ジビエ王国」が手掛ける、 真心込めて本気でつくった屋久島バーガー専門店。【住所】鹿児島県熊毛郡屋久島町安房1287-14【TEL】 0997-47…

赤毛だったマーメイド ハッピーエンドをどう作る

拝啓 漆塗の小物入れ。 蓋にはギターを弾く人魚。 拙い代物だとお思いでしょうが、 なにせ今から51年前の9月、 名古屋の中学3年生だった私が美術の授業で作った工作ですから。 何がきっかけだったのか記憶にございませんが、 少なくとも中学生の頃には人魚好…

屋久島ラーメンの細道 第49回 週慣クビツリハビリの後は丼縁起 絆と龍鳳とランチボックス

拝啓 春先からずっと、六角堂の母屋やコテージのこまごました木工・左官・剪定作業を。 その最後の作品が花台付きのポスト。 正面には六角堂のマスコットのヤギさんの首。 これを作り終えたのが6月半ば。 約四か月にわたる木工作業や庭仕事で疲労が溜まった…

こんにちはとさようなら 2023夏の続編 屋久島グッドモーニング第15回 あまやどり&サンキュー食堂

拝啓 昨日、「こんにちはとさようなら 2023年夏までの飲食店盛衰記」と題した記事をupいたしましたが、 今朝、InstagramとFacebookで意外な記事を発見したため、 その続編を急遽作成。 その一つが安房の弁当&朝食の「あまやどり」さん。 今朝、屋久島ロース…

こんにちはとさようなら 2023年夏までの飲食店盛衰記

拝啓 明後日、2023年8月31日(木)の満月は今月二度目の満月=ブルームーン。そして今年最も大きなスーパームーン。 ただ、天気予報によれば屋久島は明日の夜からしばらく雨。 そこで今夜の月はどんなもんじゃろと母屋のデッキに出てみれば、 平素より数万㎞お…

屋久島あいすくるりん 第41回 初体験 Smileyのフロート&樹林の甘夏バニラアイスかき氷

拝啓 八月もいよいよ終盤。 この夏の『屋久島あいすくるりん』の締め括りをと伺った二つのお店をご案内。 一軒目は、 安房のスマイリーさんのアイスクリーム付ジュース。 いわゆるフロート。 自家製ジュースにぷっかり浮かんだアイスを、 沈めては浮かばせつ…

屋久島あいすくるりん 第40回&屋久島カレー事情第118回 2つのLIFE 北のアイスと南のカレー+α

拝啓 島には秋めいた風が吹き渡る八月最後の日曜日。 今年前半も島にはいくつもお店が開店。 それをご案内するのもこの手紙の役割の一つと心得ておるのですが、 あれこれあって、ご紹介できないままのお店が幾つも。 ここらで心機一転と、今月オープンされた…

屋久島あいすくるりん 第39回 初めて頂く島のかき氷 新はまゆ&新月堂&tama cafe

拝啓 前回ブログを更新したのは6月6日。 それから梅雨があり梅雨明けがあり、台風が二つ襲来し…… 残暑の季節になってしまいました。 その間あったあれこれにつきましては、また改めてご報告をと。 今回は夏が終わってしまう前に、 ぜひご案内したい「あいす…

六角堂香草食堂 Spicy Book Cafe イートハーブ 6月8日㊍開店です。

Space & Spice Lab 六角堂からのお知らせ オタフク紫陽花もぷくぷく花を開いた六角堂。 今回の営業は…… 6月8日㊍の一日のみ。 カレーごとに数量限定のため、 売り切れの場合はご容赦くださいませ。 A.ご予約テイクアウトお渡し時間 ① 11:30~12:00 ② 17…

ちんたらブックカフェ次回の営業は6月8日㊍の一日のみにm(__)m

Space & Spice Lab 六角堂からのお知らせ コテージの庭で八重のクチナシが香る六角堂。 諸般の事情により、二日間営業する予定でしたが、 6月8日㊍のみの営業とさせていただきます。 メニューや時間帯などにつきましては、明日ご案内申し上げます。 ホンマ…

屋久島Pork Song 第6回 島cafeに棲む六匹のブタさん 志戸子↝安房↝春牧↝原↝平内

拝啓 この「屋久島Pork Song」を始めた4月中旬、 知り合いのFacebookへの書き込みで、とある本が話題にされているのを発見。 そのロバート・ニュートン・ペック著『豚の死なない日』(正・続二巻)は、 六角堂「明冥文庫」にもございます。 なにやらご縁を感…

屋久島Pork Song 第5回 & 屋久島ラーメンの細道 第48回 チャーシューになった豚 全六匹

拝啓 小瀬田(長峰)の「ラーメンLAB たぶ川」さんでいつも頂く台湾ラーメンを注文しようとした瞬間、 「そうだ、チャーシューも豚なんだ」と再認識。 しかしたぶ川さんにはチャーシュー麺はなし。 そこで、 『台湾ラーメンのチャーシュー増し+ミニチャーシ…

屋久島うどんドン 第4回 島の最北 THE YAKUSIMA なうどん なっちゃん食堂+一湊食堂

拝啓 4月のある日、 島最北のうどんを求めて一湊の「なちゃん食堂」へ向かうと…… なんどモジャコ漁期間中にて休店! ま、これもいかにも屋久島らしくて良い体験、 と、漁が終わるのを見計らって出直すことに。 島の漁業は大きく二つに分かれていて、 北はサ…

屋久島うどんドン 第3回 玄関先でうどん エアポート屋久島→観光センター→屋久どん

拝啓 この二か月、豚と並行して頂いていたうどん。 三回に分けてご報告しようと。 今回は、島の三つの玄関口にほど近いうどんを三品。 まずは屋久島空港内の「エアポート屋久島」で頂いた、 『海鮮かき揚げうどん』。 空港ターミナルの奥まったところで何や…

屋久島Pork Song 第4回 島の南は豚盛り AQUA→かもがわ→SAN POURO→みち草→Thank You→味得

拝啓 日本国内で「豚肉料理」と言われて一番に思い付くのは琉球・沖縄料理。 六角堂「明冥文庫」には沖縄料理の本が八冊ありますが、 その中心は豚肉料理。 そんな沖縄にはBuheeeN(ブヒーン)という名の豚3匹のラップユニットが。リーダー「アグ(あぐー豚)」…

屋久島Pork Song 第3回 北の豚から ふるさと市場&パノラマ&ヒトメクリ

拝啓 1981年10月9日から1982年3月26日まで放送され、2002年までドラマスペシャルが放送された『北の国から』。さだまさしの「あ~~あ~~」の主題歌がなんとも言えぬ郷愁をそそりました。 www.youtube.com その舞台となった北海道は豚肉食文化の地とされて…

梅雨入り・台風・流し虫 紫陽花の六角堂カフェまもなくオープン(予定)

Space & Spice Lab 六角堂からのお知らせ 台風2号マーワー(Mawar:マレー語のバラ)は早めに東にそれて、 屋久島では大した被害も出ずに済みましたが、 本州各地では豪雨の災害。 被害にあわれた方、ご家族やお知り合いを亡くなられた方の心痛は如何ほどか…

屋久島 Pork Song 第2回 パイナップルと悲しい玩具 万福

拝啓 今夜はどこかで豚を食べよう、と最初に思い付いたのは安房の「かもがわ」さんですが、日曜は定休日。 そこで向かったのは、やはり安房の「万福」さん。 店頭のメニューボードには、今まで気付かなかった表示が。 コース料理があったとは。 そのど真ん中…

屋久島うどんドン 第2回 夢二見守る姉妹のうどんドライブイン屋久杉縄文

拝啓 屋久島で生まれ育った方に、 「島でうどん食べるならどこかな?」と尋ねると、 「縄文のうどん」とのお答え。 春牧の「ドライブイン屋久杉縄文」さんは、うどんより「シロクマかき氷」の印象が強過ぎて、うどんを頂けることを忘れておりました。 そこで…

屋久島 Pork Song 第1回 mori cafe ビタミンB1尽くし 私は今日まで 生きてみました

拝啓 事の発端は島の春の珍事、ちょっとした事件。 雪苔屋さんとtamacafeさんは3日~19日 smileyさんは9日~19日 nomadcafeさんは22日まで Kiinaさんは月末までお休み。 おまけにnaa yuu cafeさんの「冬季休業」はGWまで。 なんと、知る限り島で知られた六つ…

屋久島うどんドン 第1回 北のヤマガラ 南のオアシス 女将の出汁の温かさ

拝啓 もう先月末のことになりますが、 久しぶりに宮之浦の「やまがら屋」さんで昼食を。 いつもなら「おまかせ定食」を頂くところなのですが、 この日は何やら季節の野菜天麩羅に惹かれて、 うどんとその日のおかずの一品だった豚肉料理(名前を忘れてしまっ…