屋久島六角堂便り~手紙

自然と人が織りなす屋久島の多様性を屋久島六角堂から折々にお伝えします

屋久島トリッコロール第3回 香り立つ鶏の香りに背伸び猫

拝啓

年改まって穏かな好天続きの屋久島麦生の六角堂。水仙は陽気に誘われ花を開き始めました。

イメージ 5

さて、屋久島トリッコロールの第1・2回は、比較的最近島に移住してこられたご夫婦のお店をご案内いたしましたが、今回は創業1984年創立で島の南を代表する尾之間の和食料理店「味徳」さん。http://www5.synapse.ne.jp/ajitoku/

イメージ 3

暖簾をくぐると女将さんの上品な笑顔と物腰が出迎えて下さる気持ちの良い店。そのメニューの筆頭が「唐揚げ定食」

イメージ 2

唐揚げと聞けば鶏もも肉の唐揚げを連想するのが日本大衆の脳構造。それをメニューの一番に置くというのは、それだけの自信を伺わせます。待つことしばし……

イメージ 1

よくある唐揚げとの違いは、その容姿からもうかがえます。鶏もも肉を鶏皮でくるりとくるんだ唐揚げを箸でそろりと摘まんでかぶりつけば、外パリ中ジュワの食感と風味が口いっぱいに広がります。

ほのかに香るゴマ油の風味と丁寧な調理は、鶏肉が苦手な方にも鶏の旨みの再発見となるかもしれません。

イメージ 4

帳場に並ぶ猫のように仲睦まじく末永く、ご夫婦で唐揚げを守っていただければ幸いです。

敬具



屋久島トリッコロールインデックス

  原       屋久島オリオン  屋久島流幽庵焼き
  安房     日と月と  京都+広島+屋久島風お雑煮
  宮之浦  雪苔屋  東京+埼玉+屋久島風お雑煮