屋久島六角堂便り~手紙

自然と人が織りなす屋久島の多様性を屋久島六角堂から折々にお伝えします

屋久島トリッコロール第4回 陽だまりに浮かぶカシワを一つまみ

拝啓

新春、六角堂コテージにご滞在くださったお客様がチェックアウトされた後、気が緩んで風邪を引き、二日ばかり寝込んでおりました。ひたすらぐっすり眠って元気を取り戻したところで「屋久島トリッコロール」の連続掲載。

鶏は煮ても焼いても揚げても美味しい上に、家の庭でも飼いやすく宗教的なタブーにも引っかかりにくい為、世界中で最も親しまれている肉料理。「飛ぶものは飛行機以外、四本脚のものは机と椅子以外何でも食べる」と言われる食道楽中国の鶏料理。Webサイト「恋する中国-中華料理大全」(http://www.togenkyo.net/)に掲載された鶏料理の簡単な案内とレシピを見ているだけでも楽しもの。

  前菜
  主菜
  スープ
ただ残念なことに、屋久島では中華の看板を掲げている店が「萬来軒」さん廃業後、宮之浦の「龍鳳」しかありません。

そんな中で、中華風の名を付けた鶏料理をランチプレートの一品として出していらっしゃるお店が平内「naa yuu cafe」さん。かつて営まれていたTIMEさんが閉まった後、関東から2012年に移住されてきた女性オーナーさんが開かれているカフェ。

naa yuu (な~ゆ~)はタイ語で「いごこちがいい」という意味だとのこと。伺ったのは年末でしたが、ポカポカ陽気だったので陽射し溢れる屋外のテラス席でのんびり過ごさせていただくことに。

イメージ 2

まずは、メニューを拝見。

イメージ 3

「な~ゆ~プレート」の日替りおかずは油淋鶏(ユーリンチー)が添えられるとのこと。是非ともそれをと注文し、待つことしばし……

イメージ 1

油淋鶏の油淋とは少ない油を肉にかけながら揚げる調理法。鶏肉の唐揚げに、刻んだ長ネギを載せて、甘い酢醤油のタレをかけた中国料理。「鶏唐揚げ ネギ香味たれ」などとも呼ばれていますが、な~ゆ~さんの油淋鶏は優しさに包まれたあっさり味

隼人瓜の入ったスープも合挽き肉のキーマカレーも塩分控えめでヘルシーな味付け。
年明けには油淋鶏に代わって別の一品が添えられているかもしれませんが、島の冬の日差しの中、ゆったり過ごす時間が何より。

イメージ 4

島の旬の素材を味わいに、また足を運びに参りたいと存じます。

敬具



屋久島トリッコロールインデックス

  尾之間  味徳  唐揚げ定食
  原       屋久島オリオン  屋久島流幽庵焼き
  安房     日と月と  京都+広島+屋久島風お雑煮
  宮之浦  雪苔屋  東京+埼玉+屋久島風お雑煮