屋久島六角堂便り~手紙

自然と人が織りなす屋久島の多様性を屋久島六角堂から折々にお伝えします

屋久島トリッコロール第13回 夏雲を見上げてサクリ島のカフェ

拝啓

前回のトリッコロール「第12回 つわぶきの島に宝の貝眠る」でご案内した中間の「つわの花」さんは言わば島の古民家カフェ。それに対して今日ご案内するカフェは、6月に開店したばかりの新築今風カフェ。お料理の盛り付けや味付けもおのずと違うはず。

安房の北に位置する船行の県道沿い、海産物を扱う松田商店さんの角に「Cafe & Bike みかん」の看板が。

イメージ 2

山手に入ること200mほどでかき氷の幟が立ったお店に到着。

イメージ 3

玄関には楽し気な看板が。

イメージ 4

ドアを開けて明るい店内に入るとお客は私だけ。窓際カウンターに腰を降ろして

イメージ 5

メニューを手に取れば

イメージ 6

限定10セットのデザート付きランチセットが1,000円で。念のため裏を見ると


イメージ 7

エッグタルトのおやつセットも気にはなりましたが、今回は定食一本。13:30前でランチセットも頂ける時間帯でしたが、ここでもあえて「鶏のから揚げ定食」

注文してから改めて店内を見回すと、入り口脇に大きな書棚があって、コミックスがずらり。

イメージ 8

トリッコロールにちなんで、グルメ漫画『トリコ』を一冊手に取り待つことしばし……

イメージ 1

白い陶器のお椀に盛られたご飯とケチャップ添えのフライドポテトが何やらうれしく、賽の目野菜のコンソメスープを一口啜ってから唐揚げをガブリ。

サクリと揚げられた衣のほど良い塩気としっかりマリネされた鶏肉がジューシー。

ハンバーグやらエビフライやらパスタやら、お子様連れでも気軽に入れるお店だと思っていると、家族連れやらお一人様やらが次々にご来店。

当面木・金定休、営業時間は11:30〜17:30のご様子。

一所懸命さ漂うご主人のお店が、末永く島民に愛されますように。

敬具



屋久島トリッコロールインデックス

  中間  つわの花  からあげ定食
  安房 友やけ呼やけ  やきとり
  安房 かたぎりさん  チキンステーキ定食
         ファミリーレストラン かもがわ  鶏ももニンニクステーキ
  安房 八重岳食堂 唐揚げ定食
         お食事処 あわほ  鶏のカラアゲ定食
         サンパウロ みそチキンカツ定食
  尾之間 モッチョムビュー トーン 唐揚げセット
  安房  スマイリー 照り焼きチキン入りイングリッシュマフィンサンド
  安房 ファミリーレストラン かもがわ 唐揚げ定食
  原  食堂 モッチョム山荘  鴨鍋
  尾之間  ボン・クラード 唐揚げランチプレート+タンドリーチキンセット
  平内 naa yuu cafe  な~ゆ~プレート-油淋鶏
  尾之間  味徳  唐揚げ定食
  原  屋久島オリオン  屋久島流幽庵焼き
  安房  日と月と  京都+広島+屋久島風お雑煮
  宮之浦  雪苔屋  東京+埼玉+屋久島風お雑煮