屋久島六角堂便り~手紙

自然と人が織りなす屋久島の多様性を屋久島六角堂から折々にお伝えします

新たなる年は薄暮か黎明か

謹賀新年

屋久島麦生の六角堂、コテージにご滞在いただけなかった皆様に、初日の出の風景をお届けいたします。

静かに静かに夜が白み始めた午前6時過ぎ、寝巻のままデッキに出ると

f:id:y-6kakudo:20200101213007j:plain

水平線上に雲がたまっておりますがその上は快晴。これならばとお湯を沸かして白湯を注ぎ、ジャージを羽織ってスタンバイ。

f:id:y-6kakudo:20200101213238j:plain

午前7時を回ったものの、雲の厚みの分だけ日の出は遅くなろうと思った矢先

f:id:y-6kakudo:20200101213346j:plain

何とまあ、水平線と雲の隙間から太陽の姿が僅かにチラリ。

しかしこれは初日の出とは(心情的に)認定し難く、待つこと十数分。

f:id:y-6kakudo:20200101213549j:plain

雲の端からわずかに頭をのぞかせ、静かに額を現し

f:id:y-6kakudo:20200101213655j:plain

ここまでくれば、初日の出。

f:id:y-6kakudo:20200101213813j:plain

見る間に全身顕わにし

f:id:y-6kakudo:20200101213859j:plain

浴びる朝陽にニャーは沈思黙考、何をか祈らん。

f:id:y-6kakudo:20200101213934j:plain

否、ただ単に眩しかっただけ。

f:id:y-6kakudo:20200101214139j:plain

陽射しを受けて庭のアカバナ、ナンテンの実は燃えるよう

f:id:y-6kakudo:20200101214424j:plain

湧き出す光が海を渡り、空を吹き抜け

f:id:y-6kakudo:20200101214556j:plain

見る間に昇る白き日輪

f:id:y-6kakudo:20200101214724j:plain

いつしかニャーは定位置に戻り、新年早々居眠り招き猫を決め込む次第。

f:id:y-6kakudo:20200101215034j:plain

光差し込む静かなcafeに佇めば、チャイでも一杯入れたくなって

f:id:y-6kakudo:20200101215329j:plain

今日コテージをお発ちになるお客様へのテイクアウトのご用意を。

f:id:y-6kakudo:20200101215531j:plain

ときめき溢れる新たな時代の幕開けを干支一番の鼠が運んでくれることを願いつつ、ポットのお湯を沸かす元旦。

 

次回は、新たな年を迎えて思いついたブログの新シリーズのプロローグをご案内いたします。

年越しを六蛙島に笑顔あれ

拝啓

今年も一年、六角堂のコテージとスパイシーブックカフェ・イートハーブをご愛顧下さり誠にありがとうございました。

みなさまへの感謝をこめつつ、来る年のご多幸を祈念しに大晦日のお寺と神社へお礼お参りに。

まずは島民の信仰厚い法華宗久本寺さんへ。

f:id:y-6kakudo:20200101022017j:plain

お寺に着くとちょうど除夜の鐘を打ち始めたところ。鐘楼の脇に行くと「どうぞ並んで鐘を打って下さい」と番号札を渡されてみれば「29」。「二重の苦」ではなく素直に「福」と喜んで待つことしばし。

f:id:y-6kakudo:20200101022524j:plain

外国人観光客の方も煩悩を払っていらっしゃいました。

煩悩こそが生の証などと思いつつ、突く鐘の余韻にしみじみ浸りつつ益救神社へ。

f:id:y-6kakudo:20200101022836j:plain

お詣りの後、今年も干支の縁起物を頂くと、境内ではちょうど太鼓の奉納が始まって。

f:id:y-6kakudo:20200101023337j:plain

人を越える何かしらへの畏敬と祈りを忘れぬことが、安穏平和の原点かと。

参道には「やくしまロースター」さんの夜店が初登場。

f:id:y-6kakudo:20200101023652j:plain

夜道のお供に屋久ヴィータさんのそば粉ビスコッティとおみくじ付きのセットを頂くことに。珈琲の容器はキャップもカップも「紙製」。

f:id:y-6kakudo:20200101033843j:plain
上品で仄かな酸味が心地よいコーヒーと、香ばしくカリッカリの触感が楽しいビスコッティ、おみくじの金銭運「お金に関心を持たなければ金運はやって来ない」はなかなかの味わい。

そうそう、久本寺さんにお参りする前、大晦日限定DXそばを頂いた「楓庵」さん。

f:id:y-6kakudo:20200101024302j:plain

屋久島はこの一年、5月の豪雨災害にまつわる観光客の減少でどのお店も大変な思いを。また、2月の屋久島元職員による入山協力金など数千万円着服事件、3月の屋久島町職員による偽文書作成事件、10月の町長選挙のすぐあと12月の町長現金授受・収賄疑惑と出張旅費着服事件と町政の混乱が目立った情けない一年に。

楓庵の玄関に控える「六蛙」さんに、島のお店が今年以上に多くの「お客様をむかえる」ことができ、ご来島のお客様やすべての島民が「福をむかえる」ことができますようにと願う年越しでした。

 

敬具