屋久島六角堂便り~手紙

自然と人が織りなす屋久島の多様性を屋久島六角堂から折々にお伝えします

屋久島ラーメンの細道 第38回(最終回+1)椨川⤴楠川⤴小瀬田へホップステップジャンプのラーメン

拝啓

千尋の滝の駐車場裏。

昨年は3月末にしか咲かなかったソメイヨシノがすでに開花。

f:id:y-6kakudo:20210210202626j:plain

f:id:y-6kakudo:20210210202638j:plain

 日毎に春めく屋久島ですが、

里のお店も開花の声が。

この「屋久島ラーメン紀行」の最終回として昨年末にご案内した「ラーメンたぶ川」さん。

小瀬田(長峰)のSAMSにて2021年2月9日リニューアルオープン。

その元気なお姿をお伝えせねばと最終回+1を。

 

伺ったのは閉店時間の2時直前でしたが、20分ほど並んで入店。

f:id:y-6kakudo:20210210201205j:plain

座敷に座卓2つで8名、テーブル2席に8名、カウンターに12名、28名ほど入れる店内はほぼ満席。

ただ、最後のお客とあって、今回は空いたテーブル席に座ってメニューを確認。

f:id:y-6kakudo:20210210201429j:plain

ピリ辛台湾ラーメンが好みなのですが、

今日は今まで食べたことのない「スタミナみそラーメン」に、

2月9日から11日まで「3日間限定特典」で付いてくる「半チャーハン」「餃子」「麺大盛り」の内、餃子を選んで注文。

f:id:y-6kakudo:20210210201916j:plain

湯気ホッカホカのチャーシューあっつあつ。

f:id:y-6kakudo:20210210201944j:plain

味噌ラーメンで困るのはスープに沈んだコーン。
それを掬う穴あきレンゲが付いているところにたぶ川の優しさが。

f:id:y-6kakudo:20210210202120j:plain

食べ放題のカブのお漬物の甘味と酸味がラーメンにピッタリ。

f:id:y-6kakudo:20210210202148j:plain

誠実さを絵に描いたようなご夫婦のお店、末永く繁盛されますように。

 

すでに稼働しているコインランドリーとたぶ川さんの間はまだ工事中。

ダンススタジオの一面はガラス窓で、安房シリウスさんが入店予定のカフェからスタジオを見渡せる構造。

f:id:y-6kakudo:20210210202428j:plain

どんなメニューになるのか、開店が楽しみです。

 

そんなウキウキの一方、

コロナ禍も手伝って1月末で閉じられたのが宮之浦の「海蔵‘S  Sea glass」さん。

たぶ川さんの移転元のお店やシーグラスさんの跡地、

どんなお店が咲いてくださるのか、見守って参りたいと存じます。

敬具

「屋久島ラーメンの細道」の記事一覧

「屋久島の人と暮らし」の記事一覧