屋久島六角堂便り~手紙

自然と人が織りなす屋久島の多様性を屋久島六角堂から折々にお伝えします

『第1回 屋久島カフェ巡り』 その8 安房 古くて新しいSmileyさんのシフォンケーキと野ぶどう茶(ボンボンポイ第24+2回)

2020年1月15日から始まった第1回屋久島カフェ巡り(主催者: 屋久島カフェ巡り実行委員会、一湊珈琲焙煎所)。
8店目に伺ったのは安房「Smiley」さん。

今回は安房公民館に車を止め、海縁の如竹通りと商店街との間にある旧道からアプローチ。

f:id:y-6kakudo:20200120163428j:plain

同じ店でも行き方を変えると、何やら新鮮な気分に。

f:id:y-6kakudo:20200120163558j:plain

お店に入って、居心地の良い端っこの席に座り、

f:id:y-6kakudo:20200120163703j:plain

メニューを確認。

f:id:y-6kakudo:20200120163726j:plain

今日はケーキセットにするつもりだったので、ケーキと茶葉を確認。

シフォンケーキと野ぶどう茶のセットに決定。

f:id:y-6kakudo:20200120163804j:plain

待つ間、店内徘徊すれば、今まで気付かなかった招き猫と御礼猫に遭遇。

f:id:y-6kakudo:20200120164007j:plain

で、やって参りましたシフォンケーキ+野ぶどう茶セット

f:id:y-6kakudo:20200120164055j:plain

皿にパウダーで装飾された鹿が愛らしく、ケーキも楽しげ。

聞けば亀バージョンもあるとのこと。

ただ、ケーキ本体がなんとなく寂しげに見えたのは、サプライズを狙ってのことか。

皿を回せば……

f:id:y-6kakudo:20200120164338j:plain

何とも麗しいお姿。

スッキリしたお茶にも心洗われ、スタンプ押印です。

f:id:y-6kakudo:20200120164625j:plain
はい、六日目にして8店制覇です。

f:id:y-6kakudo:20200120164602j:plain

キヨコンネガイ(一湊)
Kiina(志戸子)
一湊珈琲焙煎所(宮之浦)
Cafe and bar gecko(宮之浦)
mori cafe (小瀬田)
雪苔屋(船行)
日と月と(安房
スマイリー(安房
Warung Karang(安房
tama cafe(安房
Na*gano(小島)
シーサーシーサー(平内)

スマイリーさんには店先以外にも専用駐車場が。

商店街の中ほど、小料理屋ひょうたんさんの角を入った左手に。

f:id:y-6kakudo:20200120165024j:plain

もちろん如竹通りからも入れます。

f:id:y-6kakudo:20200120165557j:plain

楽しい思い付きをいつも考え、島を元気づけようと日々思いを巡らせていらっしゃるオーナーさん。

ひょっとしたら宮之浦のあの場所に、姉妹店ができるやもしれません。

敬具

6kakudo-tegami.hatenablog.com