屋久島六角堂便り~手紙

自然と人が織りなす屋久島の多様性を屋久島六角堂から折々にお伝えします

屋久島丼紀行 第26回 想像力が問われる丼

拝啓

宮之浦まで買い物に行くついでにあちこちの店を訪れるのは楽しみの一つ。ただ、冬季休業中のお店も多く、徳洲会病院の隣にあるヒトメクリさんも2月いっぱい休業中。

イメージ 6

そこで今回は、ご近所さんに美味しいお店と教えていただいた四季(とき)亭さんに。

イメージ 2

お昼の定食などもありましたが、メニューに「ヒレカツ卵丼」とあるのを見て迷わず丼。カツ丼は卵でとじたのが普通なのに、なぜまたカツ卵丼なのかと思いつつ注文。待つことしばし……

イメージ 1

なんとヒレカツと卵丼。ただ、出汁が付いているので、これにカツを浸して食べろと言うことか。一切れはそうして食したものの納得がいかず、卵丼の上にヒレカツを載せ、その上から出汁を掛けていただきました。

メニューの表現からご飯の内容を正確に類推し、出されたお膳をどう食べるのか知ることの難しさを、また勉強させていただけ来ました。

店を出て車を南に走らせてすぐ、六角堂のお客様から新メニューができたと教えていただいた弁当屋「島むすび」さんに立ち寄ると、店先には「豚下ロースのカツor丼」と表示された看板が待っていてくれました。『or』の意味を確認すると「トンカツ弁当」か「カツ丼」のどちらかの意味であるとのこと。

イメージ 3

「下ロース」は安物ロース肉使用と勘違いしてしまいそうですが、豚肉のどの部位を指すのかは聞かないまま注文。弁当の丼はやはり外で食べるのが一番と、小瀬田のふれあいパークに車を止めて頂きました。

イメージ 4

ちなみにこちらはAコープ尾之間店「カルビ丼」

イメージ 5

飲食店で食べる丼もよいですが、県道添いにどこを巡っても風光明媚な島のこと、弁当の丼も食べ甲斐があります。

敬具


屋久島丼紀行インデックス

  船行 DINING CAFE BAR SLOW「ロコモコ丼セット」
  安房 田中屋「タンドリ丼」
  春牧 喜楽里 「喜楽里カレーう丼」
  宮之浦  雲水  「天丼 海老三本野菜四種」
  尾之間 そば屋 「とり天丼セット」
  尾之間 モッチョムビュー トーン 「味噌カツ丼」
  春牧 安永丸「海鮮丼」+「トビウオの漬け丼」
  安房 島・しまキッチン「お肉Wご飯大盛り無料 黒毛和牛ステーキ丼弁当※2015年12月に閉店
  春牧 喜楽里 「鶏めし丼+ミニうどん」、「カツ丼」
  安房 いその香り 「海鮮丼」
  安房 武田館キッチンハウス 和が家「ソースカツ丼」
  安房 武田館キッチンハウス なつみ庵「親子丼」 ※ 2015年11月に閉店
  安房 サンパウロ「豚丼」
  安房 屋久どん「天麩羅うどん+ミニソースカツ丼セット」
  安房 きらんくや「豚丼蕎麦セット」
  島外の丼
  小瀬田 屋久島空港食堂 「とろろ丼」
  宮之浦 ふるさと市場「お勧め料理 あら汁・小鉢お漬物付き海鮮丼」
  原 食堂 モッチョム山荘 「天丼」
  安房 屋久どん「えび天うどん+■■■漬け丼」
  安房 レンガ屋「ミックス丼」
  小瀬田 ラ・モンステラ「親子丼」 ※ 2015年10月より無期休業
  安房 ファミリーレストランかもがわ「エビ丼」
  宮之浦 Bay’s Caf’e Jane「飛魚丼」
  安房 萬來軒「麻婆丼」
  安房 島・しまキッチン「ステーキ丼」 ※2015年12月に閉店
  尾之間 味徳「牛丼」
  春牧 みち草「カツ丼」
  栗生 松竹「天丼」