屋久島六角堂便り~手紙

自然と人が織りなす屋久島の多様性を屋久島六角堂から折々にお伝えします

Book Cafeの散歩道 番外編 その3 「新しい滞在様式」の創出

拝啓

屋久島観光と言えば縄文杉登山と白谷雲水狭巡りが定番。

しかし、

六角堂コテージのリピーター様の多くは、「ひたすらゆったり過ごしたい。天気が良ければ森の中でボーっと過ごすのが一番」と。

脳性麻痺視覚障害などをお持ちのグループ様は、バリアフリー仕様のコテージを拠点に、島一周のタンデム自転車ツリーリングをお楽しみに。

f:id:y-6kakudo:20200520191500j:plain

f:id:y-6kakudo:20200520191517j:plain

 

島の文化にご興味を抱かれたリピーター様は

屋久島一周 里のイラストマップ」を携えて

f:id:y-6kakudo:20200521093913j:plain

島のすべての集落の恵比寿様をお参りに。

f:id:y-6kakudo:20200521094323j:plain

 ※ 麦生漁港の三体の恵比寿様。島では珍しい彩色されたお姿。

 

また、通信制高校の講師をされているお客様はリモートワークの合間に、島巡りを楽しんでいらっしゃいました。

f:id:y-6kakudo:20200520160315j:plain

中には、

島の磯で釣った魚をコテージで調理して召し上がる様子をYou Tubeで発信されたり、

www.youtube.com

長期滞在中、六角堂の様々な本をお楽しみいただく傍ら、

コテージをスタジオのようにご活用くださるお客様も。

 

アフターコロナの「新しい生活様式」で街の暮らしが変わっていくなら、

お客様を受け容れる島の意識も変えることでこそ、

お客様を惹き入れ、お客様にご満足頂き、リピーター様になって頂けるのが道理。

さらに、

この数年押し寄せてきたインバウンドの波もしばらくは遠ざかる予測も。

www3.nhk.or.jp

www3.nhk.or.jp

今回のコロナ災禍は世界の南北東西を問わず、富める者も貧しい者も巻き込んだ災禍。

いわば第三次世界大戦後の様相。

高度経済成長後のオイルショック後、バブル崩壊後、リーマンショック後に「ロハス」や「サステナビリティ」などといった言葉がメディアを賑わせましたが、

これからの時代のキーワードは“積極的なSlow dawn”かも。

今後も生産性の向上・効率の加速化・IT化の更なる促進、AIやロボットの更なる導入、様々なTELE-Xの普及は進むでしょうが、

それと裏腹に人が求めるのは

「人の息遣いと香り立つ料理、そして歩く速度の風景」だと。

屋久島が観光立島として存立し続けようとするならば、それに応える人と場と機会の育成こそが急務ですが、

そのとっかかりは、実は島に幾らでも眠っているのでは。

このブログの“Book Cafeの散歩道”もそうした「資源の再発見」を念頭に置いてのもの。

集落内をテクテク歩くと、車で走っていては気付かぬものが目に留まり、季節の移ろいや人の暮らしにも敏感に。

島にはブームに乗ろうと、あるいは補助金の使い道に困って作られた「遺跡」も多々。

 

次回はその一つ、「健康づくり1万歩街道 モッチョム岳展望コース」のご案内をさせて頂こうかと。

f:id:y-6kakudo:20200520214351j:plain

6kakudo-tegami.hatenablog.com

敬具

6kakudo-tegami.hatenablog.com

 

Book Cafeの散歩道 第6回 5/13・14・15 梅雨にも負けずコロナにも負けぬ 丈夫な島を作りたい

拝啓

もう梅雨が来たかのような屋久島のザザ振り。

f:id:y-6kakudo:20200518211834j:plain

ダチュラの花がしっとりと。

今回もよろしければ、六角堂の本と屋久島の小径へ。

 

5月13日 インゲ・ショル著
「白バラは散らず」

#7日間ブックカバーチャレンジ 第3ラウンド #day1
掟破りの#7日間ブックチャレンジ第三週目。

このコロナ惨禍、闘う相手はウィルスそのものというより、
国民の暮らしを支えるどころか、こっそり余計な法案を押し通そうとし、
国民に税金の督促ばかり押し付ける国家権力かと。
このまま「新しい生活様式」なんぞに唯々諾々と染まってなるものか、と憤るのは見当違いでしょうか?

こんな時代だからこそ、ナチス独裁政権の末期、
国家に対し決然と闘った青年達がいたことを忘れたくありません。

写真の「白バラは散らず」のショル兄妹の記録は、映画「白バラの祈り」として2006年に日本でも上映。
その背景をも知りたい方には清水書院発行の「『白バラ』反ナチ抵抗運動の学生たち」がお薦め。

このバトンは屋久島から「批判のエール」を発信し続けているあべ心也さんに贈らせて頂きます。

f:id:y-6kakudo:20200518205429j:plain

コメント欄

ショル兄弟たちが斬首刑に処される直前、三人でタバコを吸う映画のシーンは、いかなる嫌煙家であっても胸を打たれたことかと。

f:id:y-6kakudo:20200518205559j:plain

 

ちんたら散歩風景~高平・麦生

県道に佇む黄色い看板と

f:id:y-6kakudo:20200518211945j:plain

黄色いパパイア

f:id:y-6kakudo:20200518212100j:plain

 

5月14日 ロイチョウドゥ―リ著
「インド家庭料理入門」
#7日間ブックカバーチャレンジ 第3ラウンド #day2
ステイホームの掛け声の下、料理のバラエティを増やすのも大変。

日本の家庭料理の代表格はカレーですが、インドの家庭料理はいったい何か?

それを知る良い手がかりが農文協から出版されている「インド家庭料理入門」。
ベンガル料理中心ですが、アーユルヴェーダに興味有りの方にもお薦め

この本のバトンは先日もスパイスをお買い求め下さった細川家のみなさんに送らせて頂きます。

f:id:y-6kakudo:20200518205710j:plain

コメント欄

屋久島で魚カレーが流行らないのはなぜ?

f:id:y-6kakudo:20200518210350j:plain


ちんたら散歩風景~麦生

きれいに刈られた茶畑の新茶は静岡県でペットボトルに化けるとか。

f:id:y-6kakudo:20200518212151j:plain

 

5月15日 小菅桂子
「カレーライスの誕生」
#7日間ブックカバーチャレンジ 第3ラウンド #day3
掟破りの#7日間ブックチャレンジ第三週目。
昨日に続いて、今回もカレーの本。
ただ、レシピ本ではなくてカレーライスの歴史本。
六角堂BookCafe EatHerbの定番「カップカレー」は

六角形の皿の上にターメリックライスをドーナツ形に盛り、

その中央にカレーが鎮座した盛り付け。

これは明治5年に刊行された日本最古期の西洋料理指南書『西洋料理通』に記された、
「カリードヴィル・オル・ファウル」=洋風カレーライスの盛り付けに準じたもの。
この指南書のカレーの具は「冷残の講師の肉あるいは冷残の鶏肉、ネギ、リンゴ」。
それに柚子を絞りかけて頂くというものですが、
六角堂は西洋風ではなく、ベンガル風のキーマやマメやシーフードカレーでオリジナルピクルスや副菜付き。
レギュラーサイズはAカップ
ご飯2倍、カレー1.5倍はDカップ

このバトンはいつもDカップカレーにマサラチャイをご注文下さる井藤 健太さんに贈らせて頂きます。

f:id:y-6kakudo:20200518214431j:plain

コメント欄

『西洋料理通』のレシピ掲載ページ

f:id:y-6kakudo:20200518210246j:plain

 

ちんたら散歩風景~宮之浦

益救神社を起点に宮之浦の商店街をぐるりと。

今ごろ咲く桜を愛でて、仁王様にご挨拶。

f:id:y-6kakudo:20200518212329j:plain

島の南では見かけない飲食店のコロナ感染防止対策表示。

ディテールに店主さんの切実・苦悩、様々な思いが。

f:id:y-6kakudo:20200518212529j:plain

ヱビス様も扉を閉ざして感染防止のステイホーム?

f:id:y-6kakudo:20200518212743j:plain

40分ほどの散歩で出会った道行く人は3人ばかり。

明日を良い日にできますように。

敬具

6kakudo-tegami.hatenablog.com