屋久島六角堂便り~手紙

自然と人が織りなす屋久島の多様性を屋久島六角堂から折々にお伝えします

おみずの島プロジェクト 生まれる前から死んだ後まで 巡る~巡る~よ命は巡る

拝啓 六角堂の明冥文庫(カフェの本棚)のテーマは「SEIとSHI」。 SEIは生と性と聖、SHIは死と詩と子。 一番目に付き冊数も多いのが性=ジェンダーとセクシュアリティに関する書籍。 学校の保健の授業であまり習わないような生理や出産に関する本や 性愛に関す…

屋久島ほんの気持ちばかり第12回 両津巡査長に出会ったオタク系喫茶 ハンターショップちーぞー

拝啓 買い物がてらササッと昼を済まそうかと、向かった安房のラーメン屋さんはお休み。 そこで思い立ったのが、そこから車で1分、安房小学校の裏手、お墓の入り口にあって開店当初に伺った切り足を向けていなかった「ちーぞー」さん。 以前、「屋久島カレー…

六角堂ちんたらブックカフェ 今週と来週の営業予定

六角堂スパイシーブックカフェ☕イートハーブからのお知らせ 山茶花満開の六角堂。 今週は 11月7日 ㊍ 夜cafe のみ18:00 ~ 21:00ラストオーダー11月8日 ㊎ 昼cafe のみ12:00 ~ 16:00ラストオーダー 来週は 11月16日 ㊏ 昼cafe 12:00 ~ 16:00ラストオ…

おみずの島プロジェクト [条例再検討] 荒れた施設と元気な女性cafe その3

拝啓 前回の「おみずの島プロジェクト [条例再検討] 荒れた施設と元気な女性cafe その2 からの続きです。 尾之間の「文化の森」-「珈琲屋 木霊」から栗生の「ラ・ポンタ」-「栗生加工センター」-「栗生漁港休憩所」-「ワイケーエス・屋久島」と巡った帰り、…

おみずの島プロジェクト [条例再検討] 荒れた施設と元気な女性cafe その2

拝啓 島は清々しい秋晴れですが、町長選挙後もあれこれ燻って何やら不穏な空気も。 それはさておき、前回の続編。 尾之間の「カフェ木霊」で新カフェオープンの話を聴いて、栗生へ一路。 栗生橋を渡り、青少年旅行村に向かう途中……ありました。 まだ看板は出…

おみずの島プロジェクト [条例再検討] 荒れた施設と元気な女性cafe その1

拝啓 今日は久しぶりのオフの一日。明るい日差しを浴びて頭に浮かんだのがこの画像。 ずっと以前から尾之間のバイパス、パン・ド・シュクレさんと寿司将さんの間にある「尾之間文化の森」の看板。あの奥はどうなっていて、だれが何の目的で作ったのか? 先ご…